株式会社瀬戸内ミライデザイン

人生を変えるデザインを創造

人生を変えるデザインを創造

人生を変えるデザインを創造

瀬戸内ミライデザインは “瀬戸内”をきっかけとした
オープンイノベーションによって、
都心と地方、人と人など、様々な“縁”を繋ぎ、
関わったすべての人の幸せな未来を
デザインするプロジェクトチームです。

※オープンイノベーションとは、ハーバード大学経営大学院の教授だったヘンリー・チェスブロウ氏によって提唱された概念で、組織内部のイノベーション(革新)を促進するために、意図的かつ積極的に内部と外部の技術やアイデアなどの資源の流出入を活用し、その結果組織内で創出したイノベーションを組織外に展開する市場機会を増やすことである。
参考1:『Open Innovation - The New Imperative for Creating and Profiting from Technology』2003、Henry W. Chesbrough

実施事業例

様々な業種の企業・団体様と、地域の方やクリエイターなどを繋げ、
革新的な製品・サービスなどを創り出す仕事をしています。

W_mitakidera
W_meotokusunoki
S_tamonin
S_hirodaiigakubu
E_fudouin
E_kotohirajinjya
C_sorasaya
C_shukkeien

大切なあの人にあなたの
「大好きな時間」を贈りませんか?

"ふみだす ひろしま”は、新型コロナウィルス感染症の 影響を受けた店舗様を応援すると同時に同じくその影響を受けた神社仏閣や文化遺産へも訪れていただきたいと願い発足した広島市事業再生プロジェクトの一つです。この企画の柱"ふみだす ひろしまギフトチケット"は「もの」ではなく「体験」をプレゼントするという新しい形態のギフトをテーマにさせていただいていおり、ご購入いただいた額の30%上乗せした金額をプレゼントできるお得なチケットです。広島市界隈の宿泊・飲食・カフェ・美容など、様々な業種の約200店舗様に協力店としてご登録いただいています。

*参加点約170店舗にオリジナルマスクの配布を行いました。

アート展示実施事例

#瀬戸内への思い

当初は「一般社団法人渋谷未来デザイン」と一緒に開始した事業でしたが、現在は独立。オープンイノベーションによって“瀬戸内”という地の利を経済活動と結びつける事業を構想・展開しています。
2020年秋には、瀬戸内に住むクリエイターたちと一緒に、瀬戸内地域の魅力を外に発信するだけでなく、地元の方々にも再確認していただくためのプロジェクト「ふみだす ひろしま」を企画しました。
都心部の方に向けては、瀬戸内にIターン移住して欲しいというよりも、もっと軽いご提案のワーケーション※先としてオススメさせていただいたりと、そういった意味でも瀬戸内と都心を繋ぐきっかけを作れたらと考えています。

※ワーケーション=「ワーク」と「バケーション」を組み合わせた造語。観光地やリゾート地でテレワークなどを活用し、働きながら休暇を取るという過ごし方。

瀬戸内には、海の色、島がポコポコと浮かぶ姿など“独特の色”があり、モナコやヨーロッパの方々がわざわざここを目指して訪れるほどの場所。
地元の方々にとっては当たり前の景色なので何度も通う方は少ないかもしれませんが、こんなにアクセスがいいところに素晴らしいロケーションがあるのは本当に恵まれていること。
この場所から様々なプロジェクトを企画し、瀬戸内の魅力、瀬戸内に住む人の魅力を発信していければと思います。

プロフィール

野田 夏梨Karin Noda

株式会社瀬戸内未来デザイン代表取締役
Spancall88代表 / よこがわギルドオーナー
クリエイティブディレクター、アクセサリーデザイナー。NPO 法人ひろしまジン大学の授業コーディネータや 「西条酒蔵芸術祭→ConnecT←」の運営統括などを務め、 2017年にはエッセイ「究極の自己満足」を出版。 2018年よりアクセサリーブランドSpancall88を立ち上げ、 2020年に広島市横川商店街に異業種複合型古民家ビル 「よこがわギルド」をOPEN。 2021年(株)瀬戸内未来デザイン代表取締役就任。
野田 夏梨

瀬戸内ミライデザインの
これから

ワークライフバランスを掲げプライベートと仕事のバランスを取るのがこれまでの働き方でしたが、 これからの時代は、ワークライフインテグレーション※1が重要だと考えています。 私が今後瀬戸内ミライデザインとしてサポートをしていきたいのは、 常に社会貢献をしていたり、様々な事象を「これはビジネスとして回るのか」と考えている人たちです。 例えばクリエイターのように何かを生み出して社会にインパクトを与える人たちが、インスピレーションを得て何かを生み出せるような機会を作りたいし、伴走したい。 自分の幸せの体験は、他の人に分けていこうと思える。 だからこそ、人を幸せにするために、まずは自分が幸せになること。 その上で、関わるすべての人の人生が良い方向に向かうよう様々なプロジェクトを企画し、 瀬戸内という一つの場所から、幸せの拡散が生まれるよう邁進します。

※ワークライフインテグレーションとは、仕事とプライベートを対立するものと捉えず、どちらも人生を充実させるための大切な要素であるとの考えから、双方を「インテグレーション(統合)」させて生活の質を向上させようとする取り組み。慶応義塾大学大学院政策・メディア研究科の高橋俊介教授や、2008年に経済同友会が発表した提言書『21世紀の新しい働き方―「ワーク&ライフ インテグレーション」を目指して』の中で提唱されました。